アパート経営の仕方と具体的な種類

土地活用の方法として空き地にアパートを建てる

アパート経営として最もオーソドックスな方法は、土地活用の方法として空いている土地にアパートを建設して賃貸に出すやり方です。不動産投資ローンを使って建設する方法が一般的ですが、相続税対策にもなる点から積極的に行われている傾向があります。
素人が参入するケースが多く管理会社に任せてしまうケースがよく見られます。自主管理に比べてクレーム対策はしやすいですが、管理会社を定期的に変えなければ管理の質を維持できません。建設する会社とは無関係の管理会社を使えば、比較的経営が上手く行きます。なぜなら、建設会社と関係した管理会社への委託では、残念ながら費用が高額となりすぎるからです。管理会社は自分で探して委託すれば、建設と管理を分離出来て必要最小限の費用で抑えられます。管理費が高いと感じれば他社へ乗り換えられてしまうので、管理会社としても高額請求は出来ないからです。

中古アパートを購入して経営する

土地を持っていないケースでは、中古アパートを収益物件として購入して賃貸に出す方法があります。既に利回りがある程度想定されているので、自主管理が難しい場合には自分で信頼している管理会社へ委託して管理すると良いでしょう。
空室が出た際には、入居者募集を不動産屋へ丸投げせずにある程度大家が直接募集出来るサイトを活用して広告費を削減することも大切です。最初の1棟目である程度利益を出してから、サイズが大きい中古アパートを買い足す方式で増やして行けば、銀行からの融資も受けやすくなるでしょう。
アパート経営では、投資を複数の物件に分けて管理した方がリスクを分散させることが出来ます。空室の発生は一定割合で定期的に発生するものですが、外的要因により入居率が下がることもあるので、複数の場所に独立して物件を持てば収益率が一気に下ることを防げます。