アパート経営スタート前に心得ておくべき点

アパート経営をする前に心得るリスク

不動産投資のアパート経営は、副業として人気です。人気の理由はアパート購入の資金は住宅ローンで借り入れが出来るので初期費用が少額で良い事と、株等と違い付きっきりじゃなくても問題ないので本業とかけもちしやすい点です。
そんなアパート経営はメリットが多い不動産投資ですが、投資なので心得ておくべきリスクもあります。相続等でアパートが手元にある人以外は、アパート経営を始める時にアパートを購入する人がほとんどです。その購入資金は今後アパートの家賃で払っていくので、万が一空室が続いたら自分でローンを払う事もありえるのです。またアパート経営をするからには、入居者からのクレームやトラブルがある可能性も考慮すべきです。

リスクは不動産屋で解決!

アパート経営のリスクである空室と入居者トラブルですが、どちらも不動産のプロである不動産屋に頼む事で解決します。まず空室管理ですが、アパートを建てる時に人気の間取りや外観等を不動産屋に意見してもらう事で入居者希望者はぐっと増えます。それでも空室が心配であれば、不動産屋の中には空室でも入居者がいても一定の金額を補償してくれるシステムがあります。こうしたシステムを上手に使えば、空室の心配なく一定の金額が手元に入ります。
そしてもう一つの入居者トラブルですが、これも不動産屋に頼めば入居希望の人を審査してくれます。また入居した後の家賃の管理、建物のメンテナンスも頼む事が可能です。しかし頼んだ分は手数料として家賃から引かれるので、利益とリスクを天秤にかけてみると良いでしょう。